渋谷区議会議員の鈴木けんぽうです。ご覧いただいてありがとうございます。

 

2015年4月26日の選挙で当選し5月1日にスタートした長谷部区政。3年がたち、残り1年となりました。

ということで、長谷部区長が渋谷区長選挙のときに掲げた政策の進捗をまとめました。区民の皆さんも判断材料になるかなと思い、公開いたします。

かなり長いですがどうぞご確認ください。お時間のない方は概要だけどうぞ。

 

なお、1年終了時点(2年前)にも同種の調査を行っています(記事参照)。ご興味があればこちらもどうぞ。

 

1、調査概要

 

  • 検証対象:区長選挙前に公表した「ハセベケンの会新聞」(2015年3月30日発行。以下「公約」と書く)を対象とする
  • 進捗:今までの実施事業、平成30年度予算計上施策、基本構想や各種計画、議会答弁、報道発表等で検討。見通しが立っているものについては「進んだ」とする
  • 検証方法:浜田ひろき・前渋谷区議に比較調査を委託。その結果を基礎に、私(鈴木けんぽう)が評価やコメントを加えた
  • 公約は「もっともっと、人がつながる渋谷区へ」16項目「もっともっと、住みやすく新しい街、渋谷区へ」18項目の合計34項目。2テーマについて、評価順に掲載
  • ◎(大きく進んだ・高い水準を維持しているもの)は20項目。○(進めているもの)は6項目。△(着手・計画立案等がみられるもの)は6項目。×(全く進んでいないもの)は2項目。

 

→結論:かなり選挙時政策を実現していると評価

 

 

公約に掲げられた政策に込められた思想を「基本構想」にまとめ上げてから進捗が加速したように思います。

また、職員の方々が意識して選挙時政策を読み込んで実現に向けて取り組んでいるという感想を持ちました。区民にとってもわかりやすいことですよね、選挙と施策が一致しているというのは。良いことです。

 

以下個別の項目について評価しています。

長いので、興味のある項目だけどうぞ(^_^;)

公約と比較して読むと面白いかもしれません。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

※個別の項目については、◎○×順です。

 

2、テーマ「もっともっと、人がつながる渋谷区へ」の評価

 

◎商店街活性化プロジェクト(歩行者天国、落書き天国等)

“(公約より)桜新町などは恒常的に歩行者天国イベントを行うことで商店街が活性化している”

<実施状況と評価>渋谷駅周辺の歩行者天国については新年カウントダウンやハロウィンなどで実施された。それまで野放図だったが商店会や行政・警察等の連携によって混乱が多少減少した感がある。渋谷区の観光資源であるスクランブル交差点を生かす取り組みとしては十分に存在感が出ており、国外の観光客を呼び込むことにもつながっている。

道路上でこどもたちが遊べるイベントも予算計上されている(ただし、「15㎢の運動場プロジェクト」として)。

歩行者天国は賑わいになる一方地元住民との軋轢が生じることがあるので慎重に進める必要がある。特に路上飲酒の弊害は極めて深刻。

 

◎ 福祉のテーマは超福祉!

“(公約より)障害者などについて経験不足や意識の壁があることを課題とし、NPOピープルデザインと連携し交わることをよしとする行政に変える“

<実施状況と評価>  「超福祉展」を実施する、「就労支援「渋谷みやげ」の開発・販売促進事業」に取り組むなど、新しい考え方を着実に形にしていることは評価できる。積極的なイベントの開催により注目は集まっており、「超福祉」の着手点としては十分。現実の福祉改革に結びつき始めている。

 

◎特別養護老人ホームの増設

“(公約より)なるべく区内に増設したい”

<実施状況と評価>つばめの里・本町東(旧本町東小学校)につづき、恵比寿西二丁目複合施設(平成32年)、高齢者ケアセンター跡地複合施設(平成33年)と特別養護老人ホームを中心とした複合施設の整備が進む。前区長が進めた整備計画が進められている。 看護小規模多機能型居宅介護事業所の整備も注目点といえる。

 

◎  ホームレス支援事業

“(公約より)支援団体等と連携し、チームの核になっていただく。メンタルヘルスの側面も重要。行政がマイノリティに扉を開き始めた今がチャンス”

<実施状況と評価>就任後の各年度でハウジングファーストは重点項目に掲げられ、予算をやや増額してきている。ハウジングファーストとは、安心して暮らせる住まいの確保を最優先にし、そこで安全・安心を確保したうえで適切な支援につなげるもので、欧米では主流になっている考え方。NPOやホームレスを支援している方々と連携した支援プロジェクト会議の識者提言を踏まえたもので住居支援を起点として可能な範囲での福祉施策がとられているといえる。生活保護の需給につながった例もある。

都・特別区共同事業との関係やメンタルヘルス・就労支援への展開が課題。

 

◎予防を重視

“(公約より)医療費補助と合わせて予防にも今まで以上に取り組む。高齢者ジム利用補助、ヨガやダンスストレッチマッサージ整体などにも補助。健康診断も年に1回区が負担”

<実施状況と評価>30年度は予防医療に関しての重点項目に掲げられたものはなくなったが、これまで通り全国で最高水準の助成が行われている。29年度には「胃がん検診への胃内視鏡検査の新規導入」が進められた。

 

◎コミュニティFMを設立

“(公約より)災害時の情報伝達、地域コミュニティ活性化に役立つ。まちのブランド力を生かす”

<実施状況と評価>区政情報の発信力を強化のためとして、28年度予算に「コミュニティFM 広報番組制作・放送」2300万。4月より「渋谷のラジオ」開局。早期に実現し安定的に雲梯されている。

放送内容が充実し、聴取率も高く、成功していると言える。各コミュニティ団体の出演も多くコミュニティの活性化に一役買っている。

 

◎渋谷区隣人の日

“(公約より)年に1度近所の人と持ち寄りパーティを!”

<実施状況と評価>6月第一日曜日を「渋谷おとなりサンデーの日」と銘打ち、各会場で様々な手作りのイベントが予定されている。29年各地で実施されたイベントにより意義も浸透してきており、新しいコミュニティを形成するひとつのきっかけと期待される。

 

◎トップレベルの小中学生を海外短期留学へ

“(公約より)中学生のシリコンバレー留学、少年サッカーの欧州、少年野球のアメリカ派遣。指導者も同行し指導方法に活かす”

<実施状況と評価>シリコンバレー派遣、欧州派遣など年度によって異なるものの小中学生の派遣事業はすっかり定着したといえる。多様な子どもの能力や意欲、将来の夢に合わせ芸術などにも今後拡大していくのが望ましい。

 

◎スペシャルライツ(特別な権利)を持つ子どもたちについて

“(公約より)さまざまな個性を持つ障害児は世界ではスペシャルライツと言われている。統合保育を充実”

<実施状況と評価>「情緒障害等通級指導学級の増設」「通級指導学級の教員の巡回指導」「中学校での特別支援教室の整備」などが進められたほか、「特別な才能に着目した新たな教育システムの構築」が希望者を対象に行われ、ギフテッド教育(ある能力が優れすぎるために周りと浮いてしまうこどもの支援)も含め多様なメニューの整備が着実に進められている。

 

◎保育園、幼稚園、認定こども園で先進的な乳幼児教育の導入

“(公約より)世界的に知識活用の豊かさを目指す教育へと変化。教育改革は幼児教育から”

<実施状況と評価>職員の海外先進事例視察などが行われており、その成果を渋谷区幼児教育プログラムの改定等に活かすとのこと。また各保育施設ではモンテッソーリやシュタイナーなどの特徴的な教育が取り入れられているところも増えている。

さらに今後大学院との連携も予定されており(記事)、保育の質の向上に向け着実に進んでいる。

 

◎質とともに量も。保育機能の拡充

“(公約より)施設の開設を進める。小規模な暫定園も設置。幼稚園の預かり保育も拡充”

<実施状況と評価>平成30年度内で675人の定員増が実施され、32年までに合計,1,331人(29年比)の定員増が計画されています。各年度で計画を上方修正し進行、考えられる限りでの対策が取られている。保育士確保についても待遇面の改善などが進んでおり、これもプラスに働いている。用地確保に向けては賃貸物件の活用が増えているが、一部トラブルが起こっているのでこの点は要注意である。

 

◎放課後クラブの時間延長

“(公約より)共働き家庭の支援”

<実施状況と評価>平成27年6月の私の質問に対して、実施を検討すると答弁し、翌年実現。

すでに政治課題ではなくなって久しい感じすらする。時の流れるのは早い。

 

〇スポーツセンターのリニューアル(民間並みのサービス)

“(公約より)施設をコミュニティの中心に。女性や障害者も使いやすい施設に。トップレベルのスポーツに触れられる場に。150エリアにもう一つ”

<実施状況と評価>スポーツセンターではバリアフリーを主眼とした改修が行われ、ウィルチェアラグビー日本代表の練習場所にも利用されるなど誰でも使いやすい施設になりつつある。平成30年度より指定管理者制度が導入され、ティップネスの運営となる。併せて改修が行われ、要望の多かったスタジオでのエアロビ・ヨガクラス等の開設も見込まれる。今後指定管理者の運営が適切かどうかが問われる。なお、150エリアについては見通しが立たないのでこの点を考慮し評価は〇。

なお、オリンピック・パラリンピックの競技種目については「リアル観戦事業」その他の事業が実施され、トップレベルのスポーツ選手の観戦や交流などが行われている。

 

〇コミュ二ティの拠点としての保育園、幼稚園、認定こども園

“(公約より)保育施設を保育の中心に、そして老若男女集まる地域コミュニティの核にしたい”

<実施状況と評価>地域子育てコーディネーターの配置が行われたが一部にとどまっており、政策の広がりが見られるとはいえない。コーディネーターの力量に依存してしまっているともいえる。ただし子育てに多様な視点が入ること、多様なアクターが参加することは極めて効果的なので、防犯等も含めレベルアップに期待。

 

△高齢者施設の増設

“(公約より)高層ビルにボーナスを与える代わりに高齢者施設を”

<実施状況と評価>高齢者ケアセンターの建て替えなど公設の高齢者施設の整備については着実に進行しているが、公約にあるような民間事業者の大規模開発と結び付けた施設整備の仕組みづくりの方針はいまのところ見えていない。ミックスユースという民間も含めた一般化された仕組みを作る点においては未達成なので△。

 

△幼稚園/保育園と水泳教室

“(公約より)週に1、2回近くにあるプールを活用。こどもたちの体力作りを応援”

<実施状況と評価>一部実施園もあったものの、恒常的な制度にはなっていない。

 

 

3:テーマ「もっともっと、住みやすく新しい街、渋谷区へ」の評価

 

◎民間企業との協業に対してのシステムづくり

<実施状況と評価>民間副区長の登用のほか、企業や大学の社会的責任(CSR・USR)を、区政課題の解決に向けた具体的サービス提供につなげるための、シブヤ・ソーシャル・アクション・パートナー(S-SAP)協定を締結。一般社団法人渋谷未来デザインの設立。区役所や宮下公園再整備にあたっての定期借地権活用など民間企業との連携については大きくシステム化が図られています。スピード感とダイナミックな施策展開が期待される。他方、区民の中には不安を抱える方もいらっしゃるのは事実であり、公平・公正・透明性を確保しつつ区民負担を少なくし最大の効果を引き出せる仕組みとするよう更なる改善が求められる。

 

◎区民の意識をはぐくむ仕組みづくり

“(公約より)サイレントピープルという大多数の人の意見をマーケティングするために区役所に外部からマーケティングのプロを採用したり、フューチャーセッションのような未来志向の会議を区が開催したりする”

<実施状況と評価>民間からマーケティングにに強い副区長を登用したほか、かもづくりフューチャーセッションやササハタハツプロジェクト(笹塚・幡ヶ谷・初台地区のまちづくり)などでフューチャーセッションを実施し、いままで区政に関わっていなかった方々も含めた意見交換を進める取り組みを行っている。

 

◎電柱/電線の地中化

<実施状況と評価>「第10次渋谷区交通安全計画」に電線類の地中化を盛り込む。東京オリンピックに関連し「電線類地中化等、東京オリンピック・パラリンピックに向けた道路整備」と区長は議会で表明し、実施計画に明記。千駄ヶ谷地区の電線類地中化基本設計を進める。

地中化は1メートルおよそ100万円程度かかる高コスト事業なので、区だけで対応できる課題ではなく、国や東京都と共同できることが不可欠。国や都の動向も大きく影響するが区として進める姿勢を保っている点を評価。

 

◎Wifiフリー

<実施状況と評価>平成27年6月に災害対策及び観光専用の屋外用Wi-Fiスポット5か所を設置。渋谷駅・原宿(明治神宮前駅含む)駅周辺他での観光Wi-Fi整備のほか、観光協会とNTTなど企業の連携によって進められている。

セキュリティや電波の干渉など様々な課題もあるが、若年層のニーズが最も高い政策でもあることから、引き続き進めることが求められている。

 

◎最先端の環境配慮がされた新区庁舎を

<実施状況と評価>スマート庁舎に必要な設備として、主な省エネ関連設備を設けることが区議会の委員会などで報告。新たにペーパーレス化も計画に明記された。ただ、当初よりも環境対策の面での言及は少なくなっている。

 

◎渋谷区にプロサッカーチームを!

<実施状況と評価>青山学院大学にプロバスケットボールチーム「サンロッカーズ渋谷」が本拠地を置き2シーズン目。協議は異なるものの、土着のプロ競技団体として地域の小中学校での指導や各種イベントへの参加などが進んでいる。今後は区民の応援団などの組成も必要か。というかやりたい。

サッカーについては代々木公園にスタジアムを建設するとの夢も語られているが、現実的な動きとはなっていない。

 

◎ペットとの同行避難

<実施状況と評価>28年予算でペット用の防災備蓄を導入。現在「ペット同行避難マニュアル」がほぼ完成したところ。今後は住民向けの啓発や、同行避難のための避難所の使い方などソフト面での整備を順次進める予定であり、着実に進んでいることを評価。

 

◎地域デビューマップを作ります!

<実施状況と評価>29年3月議会で地域活性化のための条例を制定に際し、「地域活動への参加に役立てていただくため、定年退職世代の方を対象に地域デビューマップを作成、配布」と表明、30年3月に配付。

公約の内容よりは町会・シルバー人材センターなどの地域活動への参加という部分にしぼられているが、今後「新しいコミュニティづくり」へのサポートをどのように行うかが課題。

 

〇園庭/校庭の芝生化

<実施状況と評価>長谷戸小学校が芝生化したほか、平成30年度で一校分(鳩森小)の予算が計上。保育園では渋谷保育園とキッズハーモニー代々木の杜が芝生化。着実に進められているものの、管理運営などの金銭的・労力的コストをどのように確保していくかは大きな課題となっている。

 

〇プレーパークの増設

<実施状況と評価>出張プレーパークが各地で定着してきた。公約では常設での増設が掲げられているので、今後の進展に期待。

平成28年9月の私の質問に対しての答弁では「出張プレーパークの実績を重ねることにより地域の理解を高め、プレーリーダーとして地域ボランティアの協力を募り、適地の確保に向けた取り組みを進め、プレーパークの拡大に努める」と区長は宣言している。

 

〇実践的な避難訓練

<実施状況と評価>帰宅困難者対策施設の整備啓発等が予算化されるほか、平成30年度予算で災害時情報管理システム、ポータルサイト、アプリなどを構築。新庁舎竣工に伴い災害対策本部をヒカリエから新庁舎に移転、それに伴った新防災システムと位置付けている。

避難訓練は、「防災フェス」と銘打ち、町会等居住者向けの従来型避難訓練(内容やアナウンスなどがおおいに改善)と幅広く対象とした防災イベントの二部構成として定着。課題は多いもののより多くの方に関心を持ってもらうための改善策が進められている。

その他、避難所運営委員会が設置され、避難所開設訓練などが実施されている地域が拡大してきた。

 

〇観光コンシェルジュ

<実施状況と評価>観光協会が設立され、観光行政についてはポータルサイトの運営をはじめ各種の施策が展開されている。観光案内所の運営なども着実に進んでいるといえる。

 

△エンターテインメントシティ・シブヤ(夜間の地下鉄の入り口を演劇場に)

<実施状況と評価>これまで民間企業から特区としてこれに近い構想が内閣府に提案された。29年8月には東京都の「東京未来ビジョン懇談会」にて出席者の一人として長谷部区長が「2020クリエイティブシティ宣言」と題するプレゼンテーションを行い、「エンターテインメントシティ・シブヤ」という構想を含めた説明を行った。このスローガンがどのような成果を目指しているのか整理するとともに、具体的な施策に落とし込む必要がある。

なお民間企業の提案は屋外広告の規制緩和なども含まれており(私は割と反対する方向)、周辺住民への生活環境対策への配慮を強く求めるところ。

 

△小学校、中学校に地域コーディネーターを

<実施状況と評価>コミュニティスクールからの要望を具体化するための予算を計上したほか、副校長の負担を軽減するためのスタッフ配置など新たな試みが進められており、間接的に公約実現に向かっていると評価できる。

 

△ミックスユースビル

<実施状況と評価>前区長が平成27年9月に「渋谷区安全・安心なまちづくりのための大規模建築物に関する条例施行規則」を制定したが、商業のみの大規模ビルを規制するまでの方針は出されていない。

公設の施設の建て替えでは近い形で進められているものの、民間も含めた一般的な仕組みこそが焦点。住宅・保育所・高齢者施設など整備が進む制度となるか。

 

△セグウェイ観光ツアー

<実施状況と評価> 29年6月議会で区長がササハタハツプロジェクトに関してセグウェイの活用に言及。このほか議会の特別委員会での勉強会などが行われている。具体化に向けての取り組みは顕在化していない。

 

×小さな森づくり

<実施状況と評価>「とりわけ本町地区の木密地域については、用地を積極的に取得し、緑化や防火性の向上を図っていきたい」と平成27年9月に区長答弁し、28年・29年にも言及しているが、公約にあるような一般会計の3%というような数値目標は見えてきていない。具体的な計画策定や施策展開が必要。

 

 

×寄付の活性化

<実施状況と評価>公約にある「年間上限5万円」の使途を区民が決める制度に対して、同様の趣旨で「1%支援制度」について質疑したが消極的な答弁。「渋谷・表参道ウィメンズラン」のチャリティー出場枠について前向きな答弁を行っており、この点は注目。

いずれにせよ、ふるさと納税がこれだけ進んでいる中で渋谷区が取り残されていることは否定できない。

 

 

 

以上です。何かありましたらご連絡ください。

 

3月議会の予算賛成討論で述べましたが、長谷部区政は選挙当時に掲げた政策の実現にかなり力を入れて取り組んでおり、その点ではかなり評価できると考えています。ここは区民にぜひ知ってほしいですね。

もちろん全面的に賛成しているわけではない項目もあるのですけど、それでも「区長が区民に対して行った約束」ですから、それは尊重したいと思います。そのうえで、私の懸念点を解消していい方向に進めていきたいなぁと。

任期はあと1年、どうなっているかが楽しみです。